知っておきたい脂肪の種類!中性脂肪・皮下脂肪・内臓脂肪・体脂肪の違い。ポッコリお腹を2ヶ月で平らにする方法

多くの人は体組成計で見ることができる体脂肪ばかりに気を取られていますが、ダイエットをするなら3つの脂肪を意識する必要があります。

それは「中性脂肪」「皮下脂肪」「内臓脂肪」です。

ここではこの3つの脂肪の違いについて説明したいと思います。

糖質 → 中性脂肪 → 体脂肪

以下の記事の「炭水化物が体内でブドウ糖になって脂肪になるまでの流れ」で詳しく説明しましたが、食べた糖質は体内で消化吸収されながら、余った分は中性脂肪に変わります。

そもそも糖質って何?糖質制限すると痩せる理由、糖質を摂取すると太る理由。炭水化物が脂肪になるまでの流れ
ダイエットの定番方法として定着してきた糖質制限ダイエット。 糖質の摂取を少なくするとダイエットできるのは分かったけど、そもそも糖質って何なのでしょうか? 糖質の「糖」は砂糖の「糖」と字が一緒ですね。 つまり、糖質と...

中性脂肪とは血液中に溶けた脂肪のことで、血液中の中性脂肪が増えると「体脂肪」になっていきます。

逆から見ると、糖質を控えると中性脂肪が増えないので、体脂肪も増えないということになります。

これが糖質制限ダイエットが痩せる理由です。

さて、中性脂肪が増えてできる体脂肪ですが、体脂肪には「皮下脂肪」と「内臓脂肪」の2つあります。

体脂肪1)皮下脂肪

皮下脂肪とは文字通り、皮膚の下にある脂肪のことです。分かりやすく言うと「手でつまめる脂肪」です。

皮下脂肪は女性の方が付きやすくなっています。

なぜ、女性の方が皮下脂肪が多いのかというと、女性ホルモンのエストロゲンが皮下脂肪にエネルギーを蓄えようとするからです。

女性の場合、皮下脂肪は妊娠に大切なお腹を守る役割もあります。

さらに、男女共通の役割をとしては、外部との接触から身を守ったり、外界との温度調整としても働きます。

そんな皮下脂肪ですが、次に説明する「内臓脂肪」に比べると、生きていくために必要となる脂肪だからかダイエットで減らしにくい脂肪でもあります。

体脂肪2)内臓脂肪

内臓脂肪は腹筋の内側、内蔵の周辺に付く脂肪です。

ポッコリお腹の原因は内蔵脂肪です。

ポッコリお腹は男性に多いように、内蔵脂肪は男性に付きやすい脂肪です。

しかし、皮下脂肪と違って、内臓脂肪は比較的落としやすい脂肪でもあります。

内蔵脂肪が増えると、糖尿病や高血圧といった病気になることもあるので、糖質制限ダイエットで内蔵脂肪を減らしていくことをオススメします。

男性だったら、体組成計で内蔵脂肪の数値が6〜7になることを目指しましょう。

ポッコリお腹を2ヶ月で平らにする方法

ポッコリお腹を平らにするには、筋トレや運動よりも食事を工夫した方が効果が早く出ます。

逆に言うと、どんなに運動しても、食事がダメだったらポッコリお腹はなかなか減っこみません。

運動しなくても、食事がちゃんとしたら少しずつ、お腹は減っこんでいきます。

まずは、糖質が少ない食事を1日に1〜2食するようにしてみて下さい。つまり、1日のうち1〜2食は炭水化物を摂らないということです。

糖質が少ない食材、多い食材については以下の記事を参考にして下さい。

糖質が多い食べ物一覧 〜 炭水化物・玄米・肉・果物・野菜・ジュース・穀物・調味料
食事の中から糖質を減らす「糖質制限ダイエット」をするには、まず糖質が多く含まれている食べ物について知る必要があります。 健康に良いからと食べているものでも、糖質という面から見るとオススメできない食材もあります。 この記事では糖質...
糖質が少ない食べ物一覧〜肉・魚・きのこ・野菜・果物・大豆・乳製品・調味料・アルコール・卵
日本人の食事は炭水化物がメインになっていることが多いので、糖質制限ダイエットを始める時にまず最初にぶち当たる壁が「何を食べていいのか分からない」という疑問です。 しかし、糖質制限ダイエットのメリットとして、食べられるも...

さらに、2ヶ月くらいで理想の体型を目指したいなら、プライベートジムのライザップ(RIZAP)などに通って、期間限定で集中して取り組んでみるのもいいと思います。

「筋トレ+糖質制限」は一度覚えてしまえば、その後も知識としてずーと使えるので、あまりリバンウドしません。

少し太ったなぁ〜と思ったら、すぐに糖質制限すればいいからです。

この知識を知っているか知らないかでは、今後の人生に大きな差が出ると思います。

いくつになっても、理想の体型に近い状態でいたいなら、「筋トレ+糖質制限」は必須と考えても言い過ぎではないと思います。