デコボコに開いた毛穴を身近な食材を使ったパックで小さくして美肌に

数年前にテレビで放送されていた「魔女たちの22時」という番組で紹介されていた美肌法が印象的だったので紹介します!

デコボコの毛穴で「クレーター女」と呼ばれていたのに、超お安い身近な食材を使った意外な方法でいきなり肌が女子大生のようになった40歳の魔女の美肌法です。(番組では登場した女性のことを「魔女」と呼んでいました。)

番組では以下のように、魔女の過去を振り返ります・・・

30歳の時、自分よりひとまわり若いアルバイトの女子大生たちに囲まれて洋服屋で働いていた魔女。

魔女の肌はあまり良い状態ではなかった。

魔女がトイレにいると、外でこんな声が聞こえてくる。

「ねぇ、見た?あの人の毛穴」

「すっごいデコボコ」

「まるで月面よね」

「そうそう、クレーター」

「クレーター女ね!」

クレーターとは、惑星の表面にみられる、火山の火口のように円形にくぼんだ地形のこと。

魔女は鏡であらためて自分の顔をよーく見て、毛穴が開いた自分の肌にショックを受けます・・・。

毛穴からは肌を保護する皮脂(ひし)という脂(あぶら)が常に分泌されています。

この皮脂が老廃物と混ざり、角栓(かくせん)ができ、その角栓がどんどん大きくなっていくことによって毛穴は広がっていく。

魔女は毛穴を隠そうと思い、2万円のファンデーションと2万円のフェイスパウダーを買いました。

これらの高級化粧品を使って、それなりに毛穴は目立たなくなっていきました。

しかし、アルバイトの女子大生たちが言っていた「クレーター女」「ひどい毛穴」という言葉を思い出し、急迫観念にかられてしまっていたのです・・・。

その結果、もっともっと毛穴を隠そうと、必要以上に高級な化粧品に依存するようになってしまった魔女。

その化粧品は、年間100万円以上にもなってしまいました・・・。

とにかく厚く化粧を塗らないと毛穴が隠れた気がしないので、毎朝4時に起きて、4時間もかけてメイクをする日々。

しかし、塗っても塗っても、毛穴そのものがなくなる訳ではなく、魔女の開いた毛穴は年齢による”たるみ”によって垂れ下がり、毛穴と毛穴がつながる「帯状毛穴」になってしまいました・・・。

皮膚科に行くと、1回10万円のレーザー治療を勧められましたが、そんなお金は残っていなかったので、お金をかけずに身近なものを使った美容法を追求することにしました。

その美容法とは以下の3つ食材を使った方法です。

卵白パック

まず試したのが、卵白を使ったパック

卵1個分の卵白をメレンゲ状になるまでかき混ぜて、洗顔した後に顔に塗ります。

そして、そのまま待って、乾いてパリパリになったら洗ぐだけ。

実は、卵白には高級化粧品と同じ毛穴に効く成分が入っていると言われているそうです。

その成分とは、保湿効果があるアルブミンやアミノ酸、皮膚細胞の修復に役立つというリゾチームなど。

この卵白パックなら、1回約18円と安上がり。

この卵白パックによって、魔女の毛穴は多少小さくなりはじめました。

ある日、卵を買いに行ったら売り切れていたので、代わりにヨーグルトを買って試してみることに。

ヨーグルトはちみつパック

材料は無糖のヨーグルト(大さじ2杯)とハチミツ(大さじ1杯)。

そして、顔に塗った時に垂れてこないように小麦粉を混ぜて、かき混ぜます。

このヨーグルトはちみつパックを顔に塗って、約10分後に洗い流します。

ヨーグルトに含まれる乳酸が毛穴の黒ずみを取り除き、さらにビタミンAが皮膚の新陳代謝を促し、ビタミンB12がコラーゲンの生成を助けてくれる効果があるようです。

このヨーグルトはちみつパックなら、1回約16円と安上がり。

ヨーグルトはちみつパックを試すと、毛穴がだいぶ小さくなったので、その日から卵白パックからヨーグルトはちみつパックに切り替えることに。

しかし、だんだん効果がなくなってきた。

そこで、魔女は「卵白パック」と「ヨーグルトはちみつパック」を2週間ごと切り替えることにした。

すると、効果がてきめんに現れます。

その後、魔女は緑茶パックもこのローテーションに加えることに。

緑茶パック

本場静岡の粉末緑茶
本場静岡の粉末緑茶200g 送料160円 身体にいいお茶の栄養100%

粉末のお茶の葉1グラムと小麦粉50グラムを顔に塗りやすい固さになるまで、水を加えながら練り込む。

そして、その緑茶パックを15分ほど顔にパック。

緑茶に含まれる葉緑素とタンニン、ビタミンCが皮膚の生まれ変わりを促進することによって、お肌にハリが出ると言われているそうです。

この緑茶パックなら、1回約18円と安上がり。


以上が「クレーター女」と呼ばれるほど毛穴が開いていた女性が、身近な食材を使った美容法で美肌を手に入れた3つの方法です。

それぞれのパック方法はよく聞く方法ですが、それを2週間ごとにローテーションすることによって、効果がさらに出るようになったそうです。

半年後、魔女のことを「クレーター女」と読んだ女子大生たちは、きれいな肌を手に入れた魔女の美肌方法を知りたいと尋ねてくるようになりました。

番組では、ファッションプロデューサーの植松晃士さんが「スキンケアは肌が慣れちゃうということがある」と言っていました。

そのため、時折、全然違うものに代えてあげるとより効果が出る場合があるそうです。

肌が慣れたり、甘えたりしない環境を作ることも美肌にとって大事なようですね!